夏の養生法

夏は、すべてのものが盛んになり、美しく成長する季節です。

陽気がもっと盛んになり、万物を成長・上昇させて、身体を活動的にさせます。

そんな夏は、東洋医学の五行でいうと、「心」が大きくかかわってきます。

< 心の主な働き >

①血脈の働きや血流のコントロールを司る。

②精神状態・意識・思考に関係する

③舌・脈・汗・顔を支配している


「心」に異常があると、

たとえば、動悸・息切れ・不眠・物忘れ・神経衰弱・味覚障害・多汗・顔面の紅潮・のぼせなどを引き起こします。

心臓は、いつも活動していて熱の多い臓器ですが、暑くなると熱が増え、心臓の負担が大きくなってしまいます。暑すぎると、身体には邪気となり、心臓に負担をかけ、汗腺をこじ開け、無理やり汗をかかせるのです。汗は、適度であれば身体を冷やしてくれますが、出しすぎると血を減らすことにつながり、冷却機能が落ちて、身体はますます熱をもつようになってしまいます。

熱は身体を蒸らして身体の水分を奪い、熱をもった内臓は、働きが悪くなります。


内の対策として、

①暑い時間をさけて、朝夕に軽く汗をかく。

(湯船にゆっくりつかったり、朝夕に軽めの運動をして適度に汗をかく)


②身体の熱を冷ます食品をとる

(トマト・きゅうり・ゴーヤ・なす・冬瓜・オクラ・みょうが・枝豆・しし唐・スイカなど夏野菜は、ほてった身体を冷ます作用があります)


③冷たい食べ物・飲み物は、とりすぎない

(とりすぎて、身体を冷やしすぎると、胃腸の調子をおとすことにつながり、だるさや倦怠感などの夏バテ症状がでてきてしまいがちです。)


外の対策として、

①熱中症に気を付ける

(扇風機やエアコンで、室温を適度に下げましょう。のどが渇いていなくても、こまめに水分をとりましょう。)


②クーラー病に気を付けましょう

(身体が冷えすぎてしまい、風邪をひいたり、食欲不振・下痢・冷え症・関節の痛みなどを引き起こします。身体の表面が冷えることによって、本来発散させるはずの熱がうちでこもってしまい、全身倦怠感・ほてり・胸苦しい・肥満・食欲不振・肌荒れなどをひきおこしやすくなります。)


☔梅雨明け前からの対策が、熱中症・夏バテ対策にも

 つながります。

🌻夏に負けない身体作りをはじめましょう。



aroma salon 月と香り

年明けに、サロンの引越をしました。 和室から縁側+小さな庭もみえます。 引き続き、アロマフェイシャルトリートメント・リズミカルボディセラピー・アクセスバーズのモニターさん募集中です。 これからも、よろしくお願いいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000