『 オリジナルアロマ柔軟剤 』

最近は、アロマ成分が配合されているものや、外国製の柔軟剤がブームですね。

 市販の柔軟剤の香りがつよい、成分が気になる方は、手作り柔軟剤をお勧めします。

もう市販の柔軟剤には、もどれなくなりました。

 

 <材料>

 ・お酢 500mlボトル1本(穀物酢が適しています) 

 ・30mlビーカー(1回分の量) 

 ・柔軟剤を入れるボトル 600mlくらい 

 ・まぜるもの・・・マドラーまたは、竹串など  

・植物性グリセリン(保湿効果)・・・大さじ5杯くらい 

 ・お好みの精油・・・1回に5滴くらい

 <作り方> 

・柔軟剤用に適当なボトルを用意します。そのボトルにお酢1本移し替えます。

 ・その中へグリセリンを大さじ5杯入れます。 

・かき混ぜて、お酢とグリセリンが混ざれば出来上がりです。

 <使い方> 

・1回の使用量の目安は、30mlくらいです。使用する際に、1回分の容量にお好みの精油を5滴たらして、精油をなじませてから、柔軟剤の投入口にいれるだけです。洗濯するごとに1回ずつ柔軟剤をつくると、香り立ちがよいです。  

・1回ずつ精油をいれるのが、面倒な方は、500mlに対して、精油40~50滴程度をお好みであらかじめボトルにブレンドして、使用する際に、ボトルをふって精油をなじませてから、柔軟剤の投入口にいれてもよいと思います。 


 <注意すること> 

 ・精油の特徴として、柔軟剤に合わないもの・・・ 柑橘系、樹脂系、フローラル系は、色染みができてしまうので、避けたほうが良いです。

 ・手作りなので、なるべく早めに使い切ることをお勧めします。 

・全ての方の肌に合うとは、限らないので、アレルギーのある方、敏感肌の方、トラブルが心配な方は、パッチテストをしてから、使用していただくことをおすすめします。


 <お勧め精油> ティートリー、ユーカリグロブルス、ローズマリー、 ラベンダー、ペパーミント 


 <お勧めしたいこと> 

・敏感肌、アレルギーの方は、ちくちく、ピリピリ、乾燥するということが、なくなってきます。

 ・洗濯中、洗濯後の洗濯物にお酢のにおいは、つきません。洗濯中は、精油の香りがして、

芳香浴になります🌿

 *市販の柔軟剤を使用しているときと比べて、柔軟剤投入口、浴室排水溝のドロドロした汚れが、

ほとんどなくなりました。

 ・1回分のコストが安いです。(グリセリン、500mlが1000円位、お酢は、500mlで88円位)

 その日の気分で、精油をブレンドして、 『オリジナルアロマ柔軟剤』をたのしんでください🌿


 *お気に入りのブレンド柔軟剤が、ありましたら、是非 おきかせください。

aroma salon 月と香り

年明けに、サロンの引越をしました。 和室から縁側+小さな庭もみえます。 お香と、和精油の組み合わせも合いそうです。 引き続き、リズミカルボディセラピー・アクセスバーズ・ ロッキングのモニターさん募集中です。 これからも、よろしくお願いいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000