コーヒーのカフェインとむくみ のつづき

前回、掲載しました、「コーヒーのカフェインとむくみ」

の続きです。

カフェインは、適量であれば、覚醒作用・脂肪燃焼・集中力アップ・偏頭痛緩和の作用・筋肉疲労緩和・眠気をなくすなどなど、多くの効果・効能が期待できます。

過剰摂取してしまうと、急性中毒症になる(3時間以内に850㎎以上摂取すると)トラブルや、焦燥感・うつ病・パニック障害・嘔吐・神経過敏・興奮・不眠・頻尿・頻脈などの症状がでてしまうこともあります。


*100mlあたりのカフェイン

     ダイエットコーラ 15㎎

     コーラ 12㎎

     ペプシ・ネックス 5㎎

*缶コーヒーのカフェインは、ドリップコーヒーよりも、多く、朝用コーヒー缶は、さらにカフェインが多いようです。

*麦茶は、カフェインなし

*午後の紅茶シリーズも、カフェインと、さらに糖分もとても多いようです。

一日の中で、時間帯と用途をきめて、カフェインのとり過ぎに気をつけていきたいですね。


🌻むくみとりに、

✽この時期は、自宅のお風呂で、重曹とクエン酸で出来る

『 炭酸風呂(冷え症・むくみ・疲労回復に)』も  

  おススメです。
✻暑くなりだした頃から、『炭酸水』をのんでいます。

(ダイエットに効果的な飲み方は、食前に常温の炭酸水を500m飲む。)

私は、夕ごはんの食べ過ぎ予防に、と思って飲み始めましたが、そのほかの効果もあるようです。


①消費するエネルギーを増やす

②胃腸の状態をととのえ、便通をスムーズにしてくれる

③疲労回復によい

④肩こり解消の手助け

⑤ダイエットのサポート


< 注意点 >

①飲む量により、食欲増進となる(少なすぎると、胃が触発されて食欲増進に)

②飲みすぎにより、つかれやすくなる(飲みすぎて身体が酸性に近づき、代謝がわるくなり、つかれやすくなってしまう)

③むくみやすくなる

無糖の炭酸水であれば、あまり気にしなくてもよいですが、加糖の炭酸水を飲むときは、飲みすぎると、血流を悪化させてしまうので、むくみの原因となります。


ご自分にあった、むくみ予防をみつけて、無理なく、

体調管理をしていけるとよいですね。


aroma salon 月と香り

年明けに、サロンの引越をしました。 和室から縁側+小さな庭もみえます。 お香と、和精油の組み合わせも合いそうです。 引き続き、リズミカルボディセラピー・アクセスバーズ・ ロッキングのモニターさん募集中です。 これからも、よろしくお願いいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000