衣替えと、小豆ホットカイロ

昨日は、よいお天気だったですが☀、今日は、1日つめたい☔ですね。

週末、ようやく扇風機と石油ファンヒーターを交換して、同時に、衣替えもしていたら、

着ない服たちが出てきたので、小豆をいれてホットカイロを、作ってみました。


< なぜ、小豆なのか? >

豆類の中でも、トップの水分保有量。

加熱することで、中の水分が、温かい蒸気として放出されます。このような熱を湿熱といい、

体の表面だけでなく、芯まで温めてくれる効果が期待できます。

使いすてカイロや湯たんぽは、乾熱。

「湿熱」のほうが、「乾熱」よりも、はるかに熱伝導の効率がよいといわれています。


< 使い方 >

*電子レンジ・・・500Wで、1分~1分20秒

         または、600Wで、1分 

 (わたしは、1分弱チンして、ひっくり返して、また1分弱やっています。小豆カイロの大きさや、電子レンジにもよりますので、ご自分の心地よい温度を探してみてください。)

*チンしたあとは、15~20分くらい、熱を保てるので、温めたいところに、おいてください。


< 注意すること >

・電子レンジで、2分以上の温めすぎは、小豆が破裂・発火してしまいますので、

チンするときは、目を離さずに注意してください。

・直接肌にのせると低温ヤケドをするおそれがあるので、カバーをつけるか、服の上から小豆カイロを温めたい場所にのせてください。


< 小豆カイロの種類 >

①ネックピロー(首&肩)・・・端に紐かスナップをつけて、止められるようにすると肌とカイロが密着できます。

②アイピロー(目)

③お腹と腰のホットパックサンド

(寝た状態で、お腹と肩甲骨または、腰に小豆カイロをおいて、ホットサンド)

・・・カイロが、大きめだと、お腹や腰が全体的に温まって気持ちがよいですが、チンで、あたためるのが、ちょっとたいへんかもしれません。


< 素材 >

*綿100%

*ガーゼ

*天然素材・化学繊維は、レンジ ✖


今回使ったものは、

①モコモコ靴下・・・長い方は、首用、小さい方は、目用です。

靴下の形状は、縫うところがすくないので、作りやすいです。

そして、モコモコしていて、縫い目が荒くても全く見えません。

②ガーゼ・・・少し小さいですが、お腹&腰用のホットパックです。素材は、縫いやすいです。

2種類とも、小豆が偏らないように、3~4か所を仕切り縫いしています。

モコモコ素材の靴下や腹巻などは、肌触りもよく、縫いやすいので、おススメです。


前よりも、針に糸をいれる作業に、時間がかかるようになってきました・・・・・・。


当サロンでは、初めに、足浴をして、足先から身体を温めながら、施術の時は、触れていないところに、小豆ホットカイロをおき、全身を温めながら、施術していきます。





aroma salon 月と香り

年明けに、サロンの引越をしました。 和室から縁側+小さな庭もみえます。 お香と、和精油の組み合わせも合いそうです。 引き続き、リズミカルボディセラピー・アクセスバーズ・ ロッキングのモニターさん募集中です。 これからも、よろしくお願いいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000