目元用「小豆カイロ」 with かぐらやロール

皆さん、毎日、スマホ・PC・TVなどで、目がつかれていないですか。

それほど、長い時間、使っていなくても、目はショボショボ、肩や首は、ガチガチになっていることが、よくあります。

そんなとき、ストレッチや、ツボ押しもしますが、プラスで、「小豆カイロ」が、オススメです。


********温かさには、「乾熱」と「温熱」の2種類あります********


・乾熱は、水分をほとんど含まない熱で、エアコンの温風・電気ストーブからの熱波・ドライヤーの温風があります。

・温熱は、水分を含んだ熱で、お風呂、温泉になります。


小豆は、水分量が多いため、熱を加えると、天然の蒸気が、発生します。温熱は、保温効果も長く、じんわり優しい温かさが、ひろがります。


*ドラッグストアでも、売っていますが、家にあるハギレ布や、着なくなったけど、捨てられないお気に入りのシャツなどでも、かんたんに、作れます。

目元用以外の、首・肩・腰・お腹・おしり用は、大きめの布が必要になります。


*今回使用したのは、「かぐらやロール」といって、1本のながいロールを、2~3等分に切って目周辺の幅・長さに合わせて作りました。この布は、半分に切って、レッグウォーマーにしたり、腕にしたりと、寒さをしのぐのにも、オススメです。

裁断してもほつれない、素材が気持ちよい、色・柄がかわいい、両端を縫えば、出来上がり!と、いうところが、気に入り作り始めました。


 

<作り方>

*素材は、ナイロン・ポリエステル繊維ではなく、綿・麻100%が、オススメです。

①小豆カイロで、温めたいところを決めて、その大きさに、布を切ります。

縫い代を1cmほどとり、袋状に縫います。(かぐらやロールの場合は、方端を塗って、小豆をいれて、もう片方を縫って完成です)


②小豆の量も、お好みになります。ただ、パンパンにいれてしまうと、小豆がかさなって、温まりにくいと思いますので、試しにいれてみて、置きたい場所にあててみたりしてください。


③目元用は、ちいさいので、そのまま直接小豆をいれてもよいとおもいますが、首・肩・腰用を作る際は、お茶パックに、小豆をいれ、お茶パックの大きさのところで、仕切り縫いをしたほうが、小豆がよれて、ずれてこないので、すこし手間ですが、仕切り縫いをしてみてください。


              ・・・完成です✨


*汚れるので、カバーをつけたり、ボタン・マジックテープでとめたり、という作り方もありますが、わたしは、洗えなくても、中の小豆を交換しなくても、翌年に作り替えたらよいかな、と思っているので、かんたんに作れる方法にしています(単に裁縫が苦手、ミシンがないという理由が大きいですが・・・💦)


<使い方>

*電子レンジで、片面500ワット、30~40秒ずつ、チンして下さい。

レンジや、小豆の量にも、よりますので、小豆の破裂や発火を防ぐためにも、レンジから、離れず、

温まっていなかったら、10秒ずつチンして、おこのみの温かさにしてください。

*15~20分くらい、温かいのが持続します。


*一度使ったら、次に使うまで、4時間は、間隔をあけたほうがよいそうです。

*カイロの中にドライハーブや精油をいれたりもできます。

*小豆のほかに、玄米・ぬか・塩などでも、カイロをつくれます。


*******小豆カイロ販売*******

・目元用 500円から

・首・腰用 1500円から

・目と首用 1900円から


かぐらやロールは、無地とボーダーと、2種類あります。

生地の種類も、さらりとふんわりあたたかと、2種類あります。

無地かボーダーか、さらりか、ふんわりあたたか、で、小豆の入る量がちがうため、料金がかわってきます。

詳しくは、メールなどで、お問い合わせ下さい。

moon.aroma28@gmail.com

aroma salon     月と香り

AEAJ(公益社団法人 日本アロマ環境協会)の新型コロナウィルス感染拡大防止対策ガイドラインに沿って、サロンでも、部屋の換気・手指、お客様の触れるところへのアルコール消毒・接客、施術時のマスク着用・体温測定をしております。 お客様には、ご来店時のマスクの着用・手指の消毒・体調に関しての質問をさせていただきます。 ご協力、よろしくお願いいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000